GIVING WISDOM 合同äŧšį¤ž

đŸ’Ąæ˜ŸčĒ­ãŋができるようãĢãĒるã‚ŗツとは❓

  • フェイ゚ブック
  • ツイッã‚ŋãƒŧ
  • イãƒŗã‚šã‚ŋグナム
ãŠå•ã„åˆã‚ã›ã¯ã“ãĄã‚‰

đŸ’Ąæ˜ŸčĒ­ãŋができるようãĢãĒるã‚ŗツとは❓

đŸ’Ąæ˜ŸčĒ­ãŋができるようãĢãĒるã‚ŗツとは❓

2023/01/23

īŧīŧīŧīŧīŧīŧīŧīŧīŧīŧ

 

「星čĒ­ãŋãŖãĻ、おんãĒことをしたら

できるようãĢãĒるんですかīŧŸ

できるようãĢãĒらãĒいäēēとぎ違いãŖãĻ、

äŊ•ãĒんでしょうīŧŸã€

 

īŧīŧīŧīŧīŧīŧīŧīŧīŧīŧ

​

äģĨ前、あるčĩˇæĨ­äģ˛é–“さんから、

こんãĒčŗĒ問を受けたことが

ありぞした。

 

​

åŊŧåĨŗは雑čĢ‡ãŽä¸­ã§ã€

ãĩã¨čˆˆå‘ŗãŒã‚ã„ãŸã‹ã‚‰čžã„ãĻãŋた、

というくらいぎčŗĒ問だãŖたようですが、

 

​ãĒかãĒか鋭いčŗĒ問だãĒ

とわたしは思いぞした。

 

​

「äŊ•ã‚’したらできるようãĢãĒãŖたぎか」

といãŖたã‚ŗãƒ„čŠąãĢは、

 

​そぎäēēãŽč€ƒãˆæ–šã‚„čˆˆå‘ŗæˇąã„äŊ“験が

凝į¸Žã•ã‚Œã‚‹ã“とが多いです。

 

​

ãĒぎで、į›¸æ‰‹ãŒãŠã‚“ãĒæĨ­į¨Žã§ã‚れ、

åĨŊåĨ‡åŋƒã‹ã‚‰čžã„ãĻãŋたくãĒる

ããŽæ°—æŒãĄã¯ã€

 

​ã‚ĸã‚ģãƒŗダãƒŗト双子åē§ãŽã‚ãŸã—としãĻは

よく分かりぞす。

 

​

で、

星がčĒ­ã‚ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒるäēēと

いつぞでたãŖãĻもčĒ­ã‚ãĒいäēēとぎ

1į•Ēぎ違いは

 

​「č‡Ē分ごとãĢしãĻいるおうか」

 

ã ã¨ã‚ãŸã—ã¯č€ƒãˆãĻいぞす。

 

​

つぞり、星čĒ­ãŋをおれだけ

æ—Ĩ常įš„ãĢč‡Ē分ぎためãĢäŊŋãŖãĻいるか

ということです。

 

​

ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€æ˜ŸãŒčĒ­ã‚ã‚‹čĒ­ã‚ãĒいãĢは

ã‚šã‚­ãƒĢをčēĢãĢつけãĻいるかおうか

というčĻŗį‚šãŽčŠąã‚‚あるんですけれお、

 

​こぎ「č‡Ē分ごとãĢしãĻいるおうか」

というį‚šã¯ã€ã‚šã‚­ãƒĢäģĨå‰ãŽãŠčŠąã€‚

 

​

もãŖã¨ã˛ã‚‰ãŸãč¨€ã„æ›ãˆã‚Œã°ã€

 

「あãĒたはあãĒたč‡ĒčēĢぎ

星ã‚Ēã‚ŋクですかīŧŸã€

 

ãŖãĻことです。

 

​

あãĒたがįžäģŖå æ˜ŸčĄ“īŧˆåŋƒį†å æ˜ŸčĄ“īŧ‰ã‚’

å–ã‚Šæ‰ąãŖãĻいるぎであれば、

 

​おãĒたかぎåŋƒį†ãĢ寄りæˇģãŖãĻいる

ということが大半かと思いぞす。

 

​

であれば、

 

č‡Ē分č‡ĒčēĢぎåŋƒį†īŧˆæ„Ÿæƒ…īŧ‰ãĢも

ホロ゚ã‚ŗãƒŧプãƒģチãƒŖãƒŧトをčĻ‹ãĒがら

寄りæˇģãŖãĻいぞすかīŧŸ

 

ということです。

 

​

åŦ‰ã—くãĻåŋƒčēã‚‹ã“とがあãŖたら

ホロ゚ã‚ŗãƒŧプãƒģチãƒŖãƒŧトをčĻ‹ãĻãŋる。

 

​

怒りãĢぞãŋれãĻいるč‡Ē分がいたら

ホロ゚ã‚ŗãƒŧプãƒģチãƒŖãƒŧトをčĻ‹ãĻãŋる。

 

​

æ‚˛ã—ããĻ

おうしようもãĒいことがあãŖたら

ホロ゚ã‚ŗãƒŧプãƒģチãƒŖãƒŧトをčĻ‹ãĻãŋる。

 

​

こぎæĨŊしい時間が

こぎぞぞįļšã‘ばいいと思ãŖたら

ホロ゚ã‚ŗãƒŧプãƒģチãƒŖãƒŧトをčĻ‹ãĻãŋる。

 

​

īŧˆä¸Šč¨˜ãŽäž‹ãˆã¯ã„ずれぎ場合も、

å‡ēį”Ÿå›ŗとトナãƒŗジットå›ŗを

重ねãĻčĻ‹ã‚‹ã“とãĢãĒりぞすね。īŧ‰

 

​

č‡Ē分ぎ感情が動いたときãĢ

ホロ゚ã‚ŗãƒŧプãƒģチãƒŖãƒŧトをčĻ‹ã‚‹

ということをįš°ã‚Ščŋ”しãĻいると、

 

​こういう惑星とã‚ĩイãƒŗとã‚ĸ゚ペクトぎ

įĩ„合せぎときãĢは、

こういう感情ãĢãĒることが多いãĒ、と

傞向がつかめãĻきぞす。

 

 

そしãĻį‰šãĢ、

æ€’ã‚Šã‚„æ‚˛ã—ãŋã‚’æŠąãˆãŸã¨ããŽã‚ãĒたは

ããŽæ°—æŒãĄãĢおぎようãĢ向き合い

そぎįŠļæŗã‚’おぎようãĢ切り抜けたか。

 

​

そぎįĩŒé¨“ã‚’ãŠã‚Œã ã‘č“„įŠã—ãĻいるかで

おåŽĸさぞへぎã‚ĸドバイ゚ぎ

æˇąãŋも変わãŖãĻきぞす。

 

 

ãĒんãĒら、

ä¸æ€č­°ãĒくらいã‚ŋイムãƒĒãƒŧãĢ

č‡Ē分がつい昨æ—Ĩäš—ã‚ŠčļŠãˆãŸįŠļæŗã¨

 

​同じようãĒįŠļæŗãĢ

į›´éĸしãĻいるおåŽĸさぞが

äģŠæ—Ĩ鑑厚ãĢいらãŖしゃãŖたīŧ

 

​ãĒんãĻã“ã¨ãŒã€ãĄã‚‡ããĄã‚‡ãčĩˇã“りぞす。

 

​

つぞり、

æ—Ĩ々ぎč‡Ē分ぎ感情とå‡ēæĨäē‹ãŒ

æ ŧåĨŊぎ星čĒ­ãŋぎįˇ´įŋ’材料であり、

įĩŒé¨“ã‚’įŠã‚€æŠŸäŧšã§ã‚‚ある

ということです。

 

​

䞋えばもしあãĒたが

ãƒ•ã‚Ąãƒƒã‚ˇãƒ§ãƒŗã‚ŗãƒŗã‚ĩãƒĢを

しãĻもらうとしたら。

 

​

č‡Ē分ぎæ ŧåĨŊãĢお構いãĒしで

ダã‚ĩダã‚ĩぎ洋服をį€ãĻいるäēēãĢ

ã‚ŗãƒŗã‚ĩãƒĢしぞすãŖãĻč¨€ã‚ã‚ŒãĻも、

 

​「......æœŦåŊ“ãĢできるぎīŧŸđŸ˜“」

ãŖãĻ思ãŖãĄã‚ƒã„ãžã™ã‚ˆã­īŧŸ

 

​

いつもč‡Ē分ぎ服と

丁寧ãĢ向き合ãŖãĻ選んでいるäēēãĢ

č‡Ē分ぎ服を選んでもらえるãŖãĻ

いう斚が、厉åŋƒã§ãã‚‹ã—

ãĒんだかときめきぞすよねīŧŸ

 

​

星čĒ­ãŋで鑑厚しãĻもらうぎも

一įˇ’だと思うんです。

 

​

č‡Ē分ぎ感情ãĢ

丁寧ãĢ向き合ãŖãĻいるäēēãĢ

鑑厚しãĻもらうぎであれば

 

「わたしぎこぎ

言葉ãĢしがたい感情ãĢも

丁寧ãĢ向き合ãŖãĻくれるかも。」

 

「こぎãƒĸヤãƒĸヤ〜ッとした悊ãŋを

丁寧ãĢãģおいãĻくれるかも。」

 

ãŖãĻ、思えぞすよね。

 

​

ただ、

č‡Ē分ぎåŋƒį†ã‚’č‡Ē分でčĻ‹ã‚ˆã†ã¨ã™ã‚‹ã¨ã€

バイã‚ĸ゚がかかりやすい

īŧˆīŧč‡Ē分ãĢéƒŊåˆãŽč‰¯ã„ã‚ˆã†ãĢčĒ­ãŋãŒãĄīŧ‰

ぎで、é›Ŗしいところもあるんですけれおね。

 

​

それでもぞじぞじと

チãƒŖãƒŧトをįœēめįļšã‘ãĻいると

č‡Ē分ぎことをåŽĸčĻŗįš„ãĢãŋる力も

ついãĻくるとわたしは感じãĻいぞす。

 

​

もしごč‡Ē分がそういうäēēから

鑑厚しãĻもらえたら

åŦ‰ã—いと思うãĒら。

 

​

あãĒたč‡ĒčēĢが

そうできる星čĒ­ãŋ゚トãĢãĒれるようãĢ。

 

​

星čĒ­ãŋ、č‡Ē分ぎためãĢ

さらãĢæ—Ĩ々äŊŋいたおしãĻã„ããžã—ã‚‡đŸ’•

 

īŧˆã‚ãŸã—č‡ĒčēĢãĢã‚‚č¨€ã„čžã‹ã›ã§ã™wīŧ‰

 

 

 

----------------------------------------------------------------------
星čĒ­ãŋ゚トīŧŠãƒ—ロデãƒĨãƒŧã‚ĩãƒŧ 鈴木雅子 Official Page


į‚šã¨į‚šã‚’つãĒげる星čĒ­ãŋをå­Ļãļ

äŧãˆã‚‹åŠ›ã§æ˜ŸčĒ­ãŋをæĨŊしむ

----------------------------------------------------------------------

åŊ“åē—でご刊į”¨ã„ただけるé›ģ子æąēæ¸ˆãŽã”æĄˆå†…

ä¸‹č¨˜ã‚ˆã‚ŠãŠé¸ãŗいただけぞす。